体臭 臭い 抑え方

体の臭いの原因!?体内の臭いの抑え方とは?

体臭の原因は酸化ですが、体内の悪臭を抑える方法として、微生物を有用に用いる方法があります。
微生物の力で臭いを浄化するやり方は、例えば牛の尿に乳酸菌や酵母菌を添加して、酵素の力で臭いの元になる細菌を抑制させる等の方法があります。
有用微生物を混合させて培養すると、抗酸化物質を生産し――、

 

・消臭
・鮮度保持
・有害菌駆除
・汚水浄化

 

などに優れた効果を発揮することがわかっています。
これが人間の体内にも有効だというのです。

 

日本人の体内、とりわけて腸の内部は、穀物と野菜中心の食生活に対応した作りになっています。
しかし現代では、欧米型の肉や油をとる食生活の方が多くなり、腸内では悪玉菌が活発化しやすい環境下になりがちとなっています。

 

悪玉菌が増えると――、

 

・タンパク質や脂肪の腐敗
・有害毒素や活性酸素の大量発生

 

などが発生して、解毒処理されない一部が血中に溶け込んで、体全身に作用し、体臭の原因となってしまうのです。
悪玉菌を減らすには、善玉菌を増やす必要があり、そのためには善玉菌を多く含む発酵食品を食べることが効果的です。
発酵食品は、微生物の力で一度分解されて構成されており、食品自体の一分子量が小さく、善玉菌にとって分解しやすい物となっています。

 

日本人にとって一番効果的な発酵食品は――、

 

・漬け物(ぬか漬け、かす漬け、たまり漬け)
・納豆
・みそ
・しょうゆ

 

といった大豆発酵食品。それとビフィズス菌です。
ビフィズス菌はオリゴ糖が栄養源であるため――、

 

・玉ねぎ
・大豆
・大根
・ごぼう
・アスパラガス
・大豆発酵食品

 

を多く摂ると良いでしょう。
目安は1日5〜10g。玉ねぎ大1個分です。